So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<点字>大阪でシンポジウム開催(毎日新聞)

 視覚障害のある人にとってかけがえのない文字、点字の意義と障害者の権利について考えるシンポジウム「点字力が未来を拓(ひら)く」(毎日新聞社主催)が13日、大阪市北区のオーバルホールであり、約400人が参加した。

 09年1月から視覚障害者を取り巻く課題を多角的に報道してきた毎日新聞の「点字キャンペーン」が第17回坂田記念ジャーナリズム賞を受賞したのを記念して開催した。

 ピアニストで全盲の福田正人さん(24)によるショパン作品のピアノコンサートに続いて、障害者文化論を専門とする国立民族学博物館准教授で全盲の広瀬浩二郎さん(42)が「万人のための“点字力”入門〜さわる文字から、さわる文化へ〜」と題して講演した。

【関連ニュース】
くらしと政治:’09衆院選 マニフェスト、点字・音声で
寄り添って:日本点字120年/4 点字絵本ボランティア
寄り添って:日本点字120年/5止 盲導犬歩行指導員
寄り添って:日本点字120年/4 点訳支えるボランティア
寄り添って:日本点字120年/3 定年後も教壇に、盲学校教諭

破綻10日前にも資産譲渡 SFCG、担保の不動産を(産経新聞)
旧車會等13台に整備命令 国交省(レスポンス)
SFCGを本格捜査へ=破綻直前資産隠しか―民事再生法違反の疑い・警視庁(時事通信)
中1長女に暴行 容疑、教諭を逮捕 兵庫県警(産経新聞)
<防災白書>ボランティアの重要性強調(毎日新聞)

<訃報>伊藤久雄さん85歳=小沢一郎後援会連合会長(毎日新聞)

 伊藤久雄さん85歳(いとう・ひさお=小沢一郎後援会連合会長、伊藤組会長)5月31日、くも膜下出血のため死去。葬儀は16日午後1時、岩手県花巻市若葉町3の16の22の市文化会館。自宅は花巻市桜町4の64の1。喪主は長男智仁(のりひと)さん。

 小沢一郎民主党幹事長の父で元衆院議員の故佐重喜氏の時代から小沢後援会の活動に携わった。

位置ゲー コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
【小鳩退場】「次の首相いない」「国民の恥」(産経新聞)
<諫早干拓>農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)
医療事故で賠償できる医療費の設定を(医療介護CBニュース)
<最高裁>親子見学会、7月下旬に開催(毎日新聞)

東京で歯科展開の医療法人社団が破産(医療介護CBニュース)

 東京都内で複数の歯科診療所を経営していた医療法人社団新世会(東京都新宿区、菅間一友理事長)が、5月19日付で東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが分かった。帝国データバンクによると、負債額は約4億3000万円。

 同社団は、2000年8月の設立。豊島区のサンシャイン60内のテナントとして本店の歯科診療所を構え、都内一円で歯科診療所(一部で内科診療所)を複数展開していた。帝国データによると、ピーク時には約10施設を経営していたほか、外部歯科診療所の受託運営も手掛けていたとみられ、04年8月期ベースの年収入高は約6億5000万円に上っていた。

 しかしその後は、同社団の系列から外れたり閉鎖したりする診療所が相次ぐ中、資金繰りが困難になり、今年4月に債権者から東京地裁に破産が申し立てられていた。同月から本店の診療所も休診状態だった。


【関連記事】
薬局チェーン展開のチトセファーマシーが破産
医療機関の倒産、4月は5件―帝国データ
医療法人社団博美会が破産手続き―レーシックの神奈川クリニック眼科など運営
診療所21件、病院と歯科医院各12件−昨年度の医療機関の倒産
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定

診療報酬引き上げ、民主が公約に明記へ(読売新聞)
仕分け第2弾終了、37事業「廃止」求める(読売新聞)
<兵庫県警>巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す(毎日新聞)
<「アイリス」>新シリーズ、鳥取がロケ地に チョン・ウソンさん主演 (毎日新聞)
尼崎市で夫婦の遺体で発見 無理心中の可能性も(産経新聞)

来月中旬に閣議決定=国家公務員の採用抑制−総務政務官(時事通信)

 階猛総務政務官は28日の衆院内閣委員会で、2011年度の一般職国家公務員の新規採用数を09年度比でおおむね半減させる方針に関し「閣議決定は5月中ごろ」と述べ、政府内での取りまとめを急ぐ考えを示した。ただ、影響が大きい各府省からは急激な抑制方針に反発する声も出ており、調整がずれ込む可能性もありそうだ。
 09年度の新規採用数は9112人。鳩山由紀夫首相は27日の閣僚懇談会で、採用半減を目指して調整するよう指示した。 

【関連ニュース】
法人税率の引き下げ提言=民主研究会がマニフェスト原案
公務員の採用抑制で配慮を=閣議で要請
国家公務員の新規採用半減へ=11年度、人件費抑制
「天下り天国」と仕分け人=UR、説明者も「不透明」認める
「情報公開を」迫る蓮舫議員=JICAの改善「不十分」

橋下知事「河村市長の地域新党と連携したい」(産経新聞)
JR富山駅、仮駅舎の利用開始=北陸新幹線工事で〔地域〕(時事通信)
死刑判決を破棄、差し戻し=元義父の刑務官−大阪母子殺害・最高裁(時事通信)
<口蹄疫>農家に支援策 農相発表(毎日新聞)
鳩山首相、五輪出場者の健闘ねぎらう=浅田選手、次回ソチへ「日々精進」(時事通信)

民主県連、徳之島案の撤回要請=首相「承った」−普天間移設(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日午後、首相官邸で民主党鹿児島県連代表の川内博史衆院議員と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊などの移転案を白紙撤回するよう要請を受けた。川内氏によると、首相は「承った」と応じた。
 同島内3町などの主催で18日に開かれた反対集会には、全島民の6割近い約1万5000人が参加したとされ、普天間移設への根強い抵抗感が示された。民主党の地元組織も政府に方針撤回を求めたことで、5月中の決着を目指す首相は一段と厳しい立場に追い込まれた。
 席上、川内氏は反対集会について「重く受け止める必要がある」と強調。地元自治体や党県連に政府から正式な情報提供がないことに触れて「手続きに疑問がある」と不満を示し、「徳之島案は一度白紙撤回して、議論を整理すべきだ」と求めた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」−報告書漏えい(時事通信)
<改正貸金業法>政府 6月18日の完全施行を決定(毎日新聞)
首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明(産経新聞)
ミクシィで同級生に「死ね」=容疑で農林中金職員逮捕−警視庁(時事通信)
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で 新党なら舛添氏応援 (産経新聞)

橋下新党、経済人の会200人規模の見通し(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」の発足を受け、新党を支援する民間人団体「大阪維新の会を支援する経済人の会」の発足式に会社社長や自営業者ら約200人が参加する見通しとなっていることが20日、関係者の話で分かった。発足式は22日に大阪市内のホテルで開催される。

 発足式の代表世話人は更家悠介・サラヤ社長や平岡龍人・清風明育社理事長ら。「大阪を改革し、世界に伍(ご)して発展する地域として再生させる運動を応援したい」としており、すでに今月12日に府選管に、政治団体「経済人・大阪維新の会」(代表、更家社長)の発足を届け出ている。

 経済人・大阪維新の会は「大阪府市合併の推進」「広域行政の再構築と関西州創設」などが政策テーマ。大阪府内の1人あたりの府民所得が落ち込んだり、企業の本社が大阪から流出している状況を懸念し、地域政党「大阪維新の会」の活動を支えていくという。担当者は「会の名称は経済人としているが、会社を経営している人に限らず、学生や主婦にも参加してもらいたい」と話している。

【関連記事】
橋下新党・大阪都構想の野望実現へ 「まさに政治闘争だ」
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」
橋下新党・大阪維新の会が発足
恩讐超え橋下知事と連携 今夜発足「維新の会」
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<火山噴火>旅行者100人足止め 成田空港(毎日新聞)
ペーパーショウ 紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
3歳娘を浴室に6時間監禁…虐待父親を再逮捕(読売新聞)
AP配信映像を「村本さん撮影」…日テレ謝罪(読売新聞)
福岡のふ頭近くの海に人の胴体、殺害女性か(読売新聞)

ミクシィで同級生に「死ね」=容疑で農林中金職員逮捕−警視庁(時事通信)

 インターネットの会員制交流サイト「mixi(ミクシィ)」を通じ、高校時代の同級生に「死ね」などのメッセージを送ったとして、警視庁本富士署は15日までに、脅迫容疑で、東京都武蔵野市御殿山、農林中央金庫職員平松佑一容疑者(23)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「以前から態度が腹立たしいと思っていた」と供述しているという。
 逮捕容疑は昨年9月以降、約10回にわたり、ミクシィを通じ、高校時代の同級生の男性(23)に、「まだのこのこ生きてんのか」「自分で死ぬか」などのメッセージを送信した疑い。 

【関連ニュース】
民主党県連職員を脅迫=元外務官僚を容疑で逮捕
日本医師会で配達の花発火=けが人なし、脅迫容疑視野に捜査
自民参院候補にネット殺害予告=脅迫容疑で34歳男書類送検へ
宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件
北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か

<事業仕分け>第2弾候補は127事業、国費投入2.3兆円(毎日新聞)
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で 新党なら舛添氏応援 (産経新聞)
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ−警視庁(時事通信)
<高速道路>本四連絡道の上限料金設定を批判…仙谷担当相(毎日新聞)
光ファイバー受注カルテル認定 4社に課徴金160億命令へ 公取委(産経新聞)

<社民党>サイパン、テニアンに視察団派遣へ 普天間移設で(毎日新聞)

 社民党は8日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先候補地に挙げている米自治領北マリアナ連邦のサイパン、テニアン両島に、9〜11日の日程で視察団を派遣すると発表した。団長は照屋寛徳国対委員長が務め、移設受け入れに積極的とされるデラクルス・テニアン市長らとの意見交換を予定している。

 国外移設を主張する社民党に対しては、政府内からも「『これはだめ、あれはだめ』ではなく、政権を担うものとして自覚を持ってほしい」(岡田克也外相)との批判が出ている。社民党は今回の訪問団派遣で、地元の前向きな意向を改めて確認し、日本政府に移設先としての再検討を迫りたい考えだ。

【関連ニュース】
普天間問題:徳之島の3町長、「断固反対」強調
鳩山首相:「会期内成立に全力を」…延長論にクギ
普天間問題:鳩山首相、米大統領に直接説明する意向
小沢幹事長:5月の訪米見送り
普天間移設:結論出ない場合首相辞任は当然…下地氏が発言

<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
名張毒ぶどう酒事件 84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)
麻生前首相、きょう訪台(産経新聞)
【1都4県週刊知事】神奈川 松沢成文知事 禁煙サポートに意欲(産経新聞)
宇宙飛行士、山崎さん出発 向井さん「ご両親もほっと」(産経新聞)

モンゴル、日本人観光旅行者のビザ免除(読売新聞)

 モンゴルは1日から、観光目的で入国する日本人旅行者の査証(ビザ)を免除する措置を取った。

 30日以内の滞在は査証不要となる。

 モンゴルのレンツェンドー・ジグジッド駐日大使は同日、都内で記者会見し、「ここ数年、年間1万5000人の日本人観光客を毎年2500〜3000人ずつ増やしたい」と述べた。

 同国のミアットモンゴル航空は、ビザ免除による需要増を見込み、観光シーズンの8月、ウランバートル・東京間の便数を昨年までの週3往復から4往復に増やすという。

自民・若林参院議員が辞職願=投票代行問題で(時事通信)
腎臓を左右誤って摘出=小山市民病院で医療事故−栃木(時事通信)
谷垣氏、退陣か解散要求(産経新聞)
<メッセンジャー>暴行事件で謹慎中の黒田、4日に舞台復帰(毎日新聞)
<財政健全化法案>責任政党が「本家」争い(毎日新聞)

指定弁護士3人を選任 JR福知山線脱線事故で神戸地裁(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故で、神戸第1検察審査会による起訴議決を受け、神戸地裁は29日、検察官役を務める指定弁護士に兵庫県弁護士会所属の弁護士3人を選任した。3人は業務上過失致死傷罪の公訴時効が成立する4月30日までに、事故当時にJR西日本相談役だった井手正敬氏(74)ら歴代3社長を起訴し、判決確定まで公判も担当する。3人は選任後の記者会見で、事故から5年となる4月25日をめどに起訴を目指す方針を示した。

 選任されたのは、伊東武是(65)、河瀬真(39)、奥見はじめ(43)−の3弁護士。

 主任を務める伊東弁護士は昨年5月に定年退官した元判事。また河瀬弁護士は県弁護士会の犯罪被害者支援委員会委員長、奥見弁護士は審査会で法的助言を行う審査補助員を務めており、元判事と被害者支援委員会のメンバー、審査補助員という人選は、明石歩道橋事故の指定弁護士3人と同じ組み合わせとなった。

 3人は選任後、神戸市中央区の神戸司法記者クラブで会見。伊東弁護士は「捜査記録の量を見て、思わず『うわっ』とため息が出た。少なくともここ数カ月は他の事件に手が回らないと思う」。時効が迫っていることを踏まえ、「場合によっては起訴後に補充捜査をすることもあり得る」と述べた。

 一方、奥見弁護士は、地検の2度にわたる不起訴処分を覆した審査会の判断に専門家から「荒っぽい」との指摘もあったことについて「たいへん失礼な感想。一般の方が最大限努力されて至った議決で、主観的には証拠に不足があったとは思っていない」と語気を強めた。

 地裁は26日の起訴議決を受け、29日午前に県弁護士会に指定弁護士の推薦を依頼、推薦通りの3人を選任した。

【関連記事】
事故から5年を前に“桜葬” 遺骨包んだ「最後のプレゼント」
「必要な協力していきたい」JR西の起訴議決で神戸地検次席
「最高責任者の責任」めぐり検察と検審に相違 JR西歴代3社長起訴議決
あの日を忘れぬ、追悼ウォーク 福知山線脱線5年で負傷者の会
社風改善でモデル職場 JR西が漏洩再発防止策 

<ほめる育児>社会適応力高い子育つ 親子400組調査(毎日新聞)
首相「普天間移設先、現地の了解が必要」(産経新聞)
空自救難機、名古屋空港で緊急着陸(読売新聞)
<参院選>民主静岡県連方針を小沢氏拒否「2人擁立原則」と(毎日新聞)
普天間移設2案「沖縄を愚弄」激怒する地元(読売新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。