So-net無料ブログ作成

青梅市

市域の衛星写真青梅市(おうめし)は東京都の多摩地域西部にあり、東京都の自治体の中では、奥多摩町、八王子市、檜原村に次ぐ面積の市である。ローマ字表記はŌme。地理多摩川が関東山地から武蔵野台地に流れ出る扇頂部に発達した谷口集落が青梅市街の原型である。 市域のほぼ中央を多摩川が西から東へ貫流し、北部には入間川(荒川水系)の支流である霞川と成木川が、やはり西から東へ流れている。おおむね東部の平地から西部にかけて丘陵地・山地と変化している。標高は西端の多摩川右岸にある御岳の鍋割山の1,084mが最高地点、最低地点は市域の北東に位置する成木川の両郡橋下流で103.5mである。歴史的には青梅街道の宿場である青梅宿が青梅市のほぼ中心に位置する古くからの市街であり、現在の青梅駅周辺である。しかしながら、多摩川と永山丘陵に挟まれた青梅駅周辺はそれほど土地が広くないのに比べ、開けた扇状地にある河辺駅周辺などの青梅東部は開発が容易であり、商業地や人口の増加が進んでいる。一方、東部以外の北部、西部、南部は丘陵や山地であり、開発はあまり進んでいないが、都内でも有数のハイキング等の行楽地として知られている。隣接自治体 青梅市と日の出町の境、日の出山山頂付近南東 - 羽村市、西多摩郡瑞穂町東 - 埼玉県入間市北 - 埼玉県飯能市西 - 奥多摩町南 - 日の出町、あきる野市なお、檜原村とは御岳山付近で近い距離にあり、約300mしか離れていない。歴史1951年(昭和26年)4月1日 青梅町、霞村、調布村が合併し市制施行、青梅市となる。1955年(昭和30年)4月1日 吉野村、三田村、小曾木村、成木村を編入。人口人口は139,649人(2010.2.1現在。)市政市長?: 竹内俊夫(たけうち・としお、1999年11月30日就任・3期目 任期満了日:2011年11月29日)市職員数?: 1,473人(2008年4月1日現在)市議会議長?: 青木雅孔(あおき・ただよし、2009年6月16日選出)市議会議員数?: 28(任期満了日?: 2011年4月30日)歴代市長中村來内(昭和26年(1951)?昭和30年(1955))榎戸米吉(昭和30年(1955)?昭和38年(1963))榎本栄蔵(昭和38年(1963)?昭和42年(1967))石川要三(昭和42年(1967)?昭和50年(1975))山崎正雄(昭

<京大病院>殺人未遂容疑も視野に 高濃度インスリン検出で(毎日新聞)
<エンダン文庫>母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)
火災 別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)
ミュージシャン竹前容疑者を逮捕=自宅で大麻所持容疑−神奈川県警(時事通信)
<雑記長>120年前沈没のトルコ軍艦に明治天皇寄贈の遺品(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。